Hマタニティ&ピラティス

●産後に ピラティスが良い理由●
 
■妊娠中には 腹筋をうすくしながら赤ちゃんを育てているので、ピラティスはこの腹筋の回復にとても役立ちます。

■重い胎盤、羊水、そして赤ちゃんの体重を骨盤の底で支えるので、骨盤底筋群はどんどん伸び、パワー がなくなる。また出産時 膣は赤ちゃんの通り道なのでダメージを受けてしまいます。ピラティスはこのような骨盤底筋群の回復に目覚しくプラスの効果があります。

■妊娠中、赤ちゃんが育つのと同時におなかが前に突き出し、乳房はとても大きく張ります。そのために胸椎は思い切り後湾し、腰椎は前湾して妊婦さんは妊娠期間中を過ごすことになります。この姿勢や、筋バランスを整えることにピラティスはとても有効です。
●妊娠中にピラティスエクササイズを行なうことが良い理由●

■突き出るおなか、薄くなる腹筋に対して、正しい姿勢筋バランスの保持に有効です。

■ピラティスの呼吸を促すことで、肋骨間の痛みを和らげることができます。また、日々のピラティスエクササイズによってストレスは解消し、血液の流れがよくなります。

■お産そのものの時、(出産時)力まず、生むことができます。赤ちゃんができるだけ苦しまない為にも、お母さんが骨盤の後傾を練習することは大切です。




Copyright(C)2010  BPS All Right Rerserved

BPSベーシック・ピラティス・スタジオ
大阪府藤井寺市岡1−5−35スリーエイトビル3F